自然療法に取り組む理由(前編)

最終更新: 8月21日

こんにちは 浜松市中区住吉 パーソナルトレーナー chandra 川中です。


ご存知の方も多いかと思うのですが、お伝えすると、乳がん6年生です。


もうすぐ10月で7年生です。

骨転移もあるので、乳房へのガンより今は問題は骨への転移です。

原因は何でしょう…

食事?

家の環境?ストレスや不妊治療からではないかと疑っています。


特に不妊治療は二人目不妊でした。


一人目の妊娠、出産は何の苦労もなく授かり、順調に子育てをしていたので、二人目不妊は本当に意外なことでした。


33歳の頃です。


当時はヨガ講師、ボディケアセラピスト、そして家事、子育て。

とにかく忙しく動き回っていた時期です。

2回目の結婚をしてすぐから不妊に気がつき当時在住していた地域で有力そうな

かなりの大金をつぎ込みました。

(私の中での大金です100万円くらいかな?たった半年くらいです。)

でも。

待ち時間をたくさん使って、たくさんのお金を使ってさらにホルモンバランスを少し不自然な状況にするだけでした。


不妊治療中は何だかとっても不幸な時間で、自分を否定されるような感覚でした。

ですから、

小学生の息子が元気に帰宅する様子、通帳とにらめっこして、さらにヨガのクラスに来てくださる生徒さん達に囲まれた時に


『やめよう。』

と決意したのを覚えています。



(乳がんと不妊治療の因果関係は立証されているかと思うのですが、それでもお子様を授かる方もいるので完全否定はできません。ご自身のライフステージによってこの記事を読んでいただければいいと思います。)


自分を肯定してくれるもの達に囲まれよう。

そう思いました。

そして不妊治療中はホルモンのバランスを意図的に変えるので、とても体調が悪く

これでは何かしらの病気になってしまうのでは?とも思っていました。(続く)






73回の閲覧

© 2019 by chandra personal training