44歳、私の体は確実に食べたもの集合体。

これまで44年間。確実に食べたものが体を作っていると感じます。


一年ほど血糖値を上げすぎないような食事を管理してきました。



食べないもの…小麦粉 砂糖 ご飯  

逆によく食べたもの…お野菜、良質なオイル


はっきり言って実感しています。


変わった。


お肌の保湿力、空腹感をほとんど感じない、少ない量でも満足できて お肌の透明感アップ。

唇や💋肛門の粘膜が若返りました。

体重は52キロから46キロへ。(マイナス6キロ)


おそらく肌の糖化にストップがかかりました。

ということは内臓にも栄養が行き渡った証拠です。


大幅な食事変更をしてから 一年が経ちました。

そこでもう一度始めたことがあります。(11月末より)





(instagramのLIVEより)

血糖値のリアルタイム 監視の装置をつけてみました。



食事後約30分間 


食べたものによる血糖値の上がり方がチェックできます。

何を食べると上がるのか?

全粒粉パスタを試しに食べてみたらかなり高い数字でびっくり。確か150は軽くオーバーしていきました。


玄米でも試しました。 かなり上がります。180超えていきました。

玄米は栄養価の高いことがメリットですので召し上がっていただいてももちろんいいのですが、とかく『痩せたい』という方には注意が必要な食べ物だと思います。


急激に上がりにくいと言われている上記二品でも150超えて行きました。


(理想は80〜120の範囲での推移が妥当です。)

ここから痩せないと感じている方に朗報です。


痩せないのは運動不足もあるかもしれませんが、健康に良いという理由で食べているものが実は脂肪の原因になっているということ。

皆様のお食事を管理させていただいていて思うことは『運動すれば痩せる』からといって

運動を生活のなかに取り入れるだけでは少し足りないのです。

例えるなら自転車の前輪にだけ空気を入れて後輪には空気を足さずに遠くへ走ろうとしているようなもの。


体を変えたい!と思ったら 運動と食事はセットで考えていただきたいのです。



よくこういう方がいます。

たくさん走ったからビールを飲んでも良い。

ダンスを踊ってきたから今日はもりもり食べちゃうぞ


健康になりたい!というテーマなら良いのです。

でも痩せたいというのなら血糖値から見直してみませんか?

2週間の食事管理でヒントを掴んでみませんか?


私の管理によって実感されている方が増えてきました。

(5名ほど現在進行形!皆様楽しく実感のメッセくださいます)

あとお二人ほど募集させていただきます。


二週間の食事管理サポートの流れ 

初めの一週間は 食事やおやつの写真を全てをLINEで送る(たまに忘れてもOK)

次の一週間はチェッカーを装着して 血糖値を監視しながら お食事管理サポート

90分間 お食事講座



イベントごとの多いこれからの2ヶ月をどう過ごすかで来年の体型が決定するといっても過言ではありません。


さくっと行動してしまいましょう。


詳しく話を聞いてみたいという方 それやってみたい!という方


こちらから💁‍♀️『血糖値チェック』と送信ください。

追って詳細お送りいたします。


先着順です(12月11日まで、定員3名)

https://lin.ee/p6U4kIP

















157回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示